コミュニケーションデザインサービス


連載コラム「失敗しないホームページ制作の発注(4)」
ホームページデザインの進め方


連載コラム第4回目では、デザインの進め方についてお話しします。
「デザインって、どうやって決めていくの?」
「デザインの希望といったって、漠然としたものしかないんだけど・・・」
大丈夫です!ホームページのデザインを進める際のポイントを、これからデザイナーの「ちょこ」がばっちりご説明いたします。

まずは、デザイン決定までの流れを知ろう!

--------

デザインをお願いするなんて初めてで、どうやって決めていったらいいのか、そもそもどうやって決まっていくものなのかさえ、よくわからないんですけど…


ちょこ

それではまず、簡単に流れをお話ししますね。
コラム第1回の最初で「全体フロー」のお話しをしましたが、その中の「デザインフェーズ」にもデザイン作業固有のフローがあるんです。

1.ヒアリング ホームページの新規作成、またはリニューアルをする目的やターゲットなど、サイトデザインの基本となる情報をお伺いします。
2.デザイン案作成 ヒアリングの情報をもとに、デザイン案を作成します。
3.デザイン案確認 作成したデザイン案を、お客さまの社内で確認していただきます。
必要があれば、その後デザイン修正を行います。
4.最終チェック デザイン案の修正が発生した場合、最後のチェックをしていただきます。
5.デザイン決定 ホームページのデザイン決定となります。

ちょこ

デザイン案の確認回数は場合によって増えることもありますが、おおまかにいえばこのような流れでホームページのデザインを作成していきます。
これから、この中の「ヒアリング」「デザイン案確認」「デザイン決定」の3つの工程についてお話していきますね。

ヒアリング ~最初が肝心!教えてこの5項目~


ちょこ

まず最初に大切なのは、なんといってもヒアリングです!
ホームページのデザインを作成していくうえで、必要になる情報をお伺いしていきます。

--------

いったいどんな情報を伝えればいいんでしょう?ホームページのデザインを作るのに必要な情報といっても、あまりピンと来ないんです。


ちょこ

大丈夫ですよ!
どんな情報があればよりお客さまのご希望に沿うホームページを完成させることができるのか、まずは下に書き出してみますね。

1.ホームページを新規で作成する、もしくはリニューアルする目的
2.ターゲット(閲覧者の職業、年齢層、性別など)
3.ホームページに求める雰囲気(清潔感、重厚感、安心感、やさしさ、さわやかさなど)
4.キーカラーにしたい色
5.参考にしたいホームページの画面キャプチャ

--------

この5項目が、どうして必要なんですか?具体的に教えてください!


ちょこ

まずは目的について。
目的の違いによって、ホームページデザインもまた違ったものになります。
自社ブランドを広くアピールするためのホームページならば、動画を効果的に使用したり、デザイン性が高くアーティスティックなホームページにしたほうが閲覧者に「驚き」を与えられますし、人の目を惹きつけやすいですよね?

--------

そうですね。「動きがたくさんあっておもしろそう」「すごくおしゃれ」って感じるホームページの企業や製品って、気になります!


ちょこ

それとは対照的に、ECサイトでは動画使用やアート性よりも、商品を目立たせて閲覧者に「欲しい!」と思わせるようなデザイン、有望な顧客情報を集めることが目的のホームページでは、視認性や操作性、またコーポレートサイトでは安定性などを重視してデザインを行います。
サイトによってそれぞれ目指す方針が異なるんですよ。

そして閲覧者の方に「この会社ならば信頼できる」「商品を購入してもいい」「問い合せしてもいいな」と思ってもらえるサイトを作ることを目標にします。

--------

なるほど・・・それではターゲットが違うと、ホームページデザインはどう変わってくるんでしょう?


ちょこ

ご高齢の方の閲覧を想定するホームページでは、文字サイズやボタンを大きくするなどの工夫が必要になります。
また、性別も重要なポイント!
女性が多く閲覧することが想定される、たとえばお化粧品などのホームページであれば、女性が好む色の使用や雰囲気が大切ですし、男性が多く閲覧するホームページならシャープさ重厚さ、男性が好む色を使用します。

--------

続いての「ホームページに求める雰囲気」って・・・もやもやして、あいまいなイメージしかできないんですけど・・・。


ちょこ

ご安心くださいね!あいまいなイメージでも、単語でも十分なんです。
「さわやかさがほしい」「やさしい雰囲気にしたい」「重厚感を出したい!」という抽象的なキーワードだけでも、そこからイメージを膨らませてホームページのデザインを作っていけますから!

--------

それを聞いて、ちょっとほっとしました!そして次のポイント、キーカラーですね。
とはいえ、キーカラーってなんですか?あんまり聞きなれない言葉かも・・・。


ちょこ

ホームページの「キーポイントにしたい色」です。
ポイントにしたい色を、ホームページ内の画像やボタン等主要なパーツに繰り返し使うことによって、「ホームページのカラー(雰囲気)」を作っていきます。

それから自社のコーポレートカラーやロゴに使っている色をキーカラーに使ってほしい、というご要望があれば、ぜひお聞かせください! また、そういったご要望がない場合でもご安心を。
お客さまからいただいた「さわやか」「清潔感」というキーワードからキーカラーに使用する色を選び出してホームページデザインをお作りいたします!

--------

さて、最後のポイント、参考にしたいホームページの情報なんですが・・・。


ちょこ

これは読んで字のごとく、です!たとえば自社と同じ業種、同じ目的を持っていると思われるホームページの画面キャプチャなどご用意いただくと、希望されているホームページの姿が明確になりますよ。
絶対に必要、というわけではありませんが、そういうホームページを探して見ていくうちに、自社が求めるホームページのデザインや希望が明確になってくることも多いのでおすすめです!

デザイン案確認 ~誰に確認してもらう?~

--------

続いては、デザイン案の確認ですね。いったいどんなところをチェックすればいいのかな?


ちょこ

ヒアリング結果を受けて作成したデザイン案をお客さまにチェックしていただきますが、このとき、初めにお話しした基本5項目のうち、1~4に沿うデザインになっているかをチェックしてくださいね。
目的がはっきりとわかるホームページに仕上がっているか、想定するターゲットに向けたデザインになっているか、などをチェックしましょう。
ご高齢の方にはちいさな文字は読みづらいですし、女性向けのやさしいサイトに無骨な文字が使われていては雰囲気が台無しですから!

それから、意外と大切なのが「誰に確認してもらうか」ということ!

--------

誰が確認するのかって、そんなに重要なことなんですか?


ちょこ

はい、とっても!
出来上がってきたデザイン案を、誰と誰に確認してもらうのか、最初にはっきり決めておいたほうがいいですね。
確認する方の人数によって、スケジュールに違いが出ますよ。

--------

ふむふむ、確認する人が増えれば、その分確認にかかる日数もたくさん必要になるし、スケジュールもそこを考慮して立てなければいけない、というわけですね?


ちょこ

おっしゃるとおりです!
また、個人によって価値観や嗜好が違うため、さまざまな意見が出ることも予想されます。
その場合のためにも、意見をまとめたり最終的な決定権を持つひとを決めておいたほうが、デザイン決定までスムーズに進みますよ。

--------

なるほど、それは確かにそうかもしれませんね・・・。


ちょこ

いろいろな方のご意見やご要望を聞かせてもらうのも、もちろん大切です。
でも、そのすべてを取り入れていくと、かえって目的がわかりづらいホームページになってしまう場合もあるんです・・・。

--------

ああ、なんかそれってよくわかる・・・詰め込みすぎるとかえって主張や目的がぼやけてしまう、ってことありますからね!


デザイン決定 ~企業の顔がかたちになる瞬間~

デザイン

ちょこ

ヒアリングから始まって、デザイン案の作成、そしてお客さまの確認を経て、いよいよ決定したホームページのデザイン、 それが右の画像です!

--------

まるで本当のホームページのように見えますね!


ちょこ

ホームページデザインは、「Photoshop」や「Illustrator」などのグラフィックソフトを使ってまずは「一枚の画像」として作成するんです。
その際、まるで本当のホームページのような見た目になるように作成します。
そうすれば、お客さまにも確認していただきやすいですし、完成したホームページの姿も想像していただきやすいですから!

そしてデザイン決定後、このデザイン画像をもとにホームページに表示するボタンなどを作り、さらにhtmlやCMSテンプレートの作成に着手していくんですよ。

そして最後に ~お客さまの声を聞かせてください~


ちょこ

ホームページ制作はもちろん、ホームページデザインにも必ずお客さまの声が必要になります。
ご予算や期間とのバランスで優先順位づけが必要になることもありますが、要望や希望、アイデア、気になることがあったら、まずはご相談ください!
それがより魅力的なホームページのデザインを生み出すことにつながりますから!

まとめ

デザインについてのポイントは以下の通りです。
  □ デザイン決定までの流れを知ろう
  □ 目的、ターゲット、求める雰囲気、キーカラーははっきり伝えよう
  □ デザインを確認する人数、最終決定者を決めておこう
  □ 気になること、要望、希望、とにかくそれを伝えてみよう

予告

今後の予定  (隔週火曜日に掲載)
  第5回  制作・チェック・本番反映 [2月7日掲載予定]

プロフィール ちょこ

DTPデザイン等を経て、ホームページのデザインを担当するようになって4年目。
ご依頼くださったお客さまと、お客さまのお客さま(閲覧者)の顔を思い浮かべつつ、デザインツールとにらめっこする毎日!ねこ大好き!