コミュニケーションデザインサービス


失敗しない翻訳発注~翻訳サービスの基本的な流れ~


翻訳サービスのイメージ

翻訳会社に翻訳を依頼するとき、翻訳作業、翻訳サービスの内容をどのようにイメージされるでしょうか。
「原文のファイルに訳文を上書きするだけ」というイメージをお持ちではないでしょうか。
基本的には、翻訳前に用語や表現を統一する準備、一次翻訳、1~2段階の検査をするというプロセスを踏みます。

翻訳サービスの基本的な流れ

翻訳サービスの基本的な流れは次のとおりです。

翻訳サービスの基本的な流れ

  1. お客様が翻訳会社に見積りを依頼します。
    翻訳会社が内容を確認し、費用と納期の見積りを提出します。
    お客様が見積りの内容を確認し、問題がなければ発注します。
  2. コーディネータが翻訳に必要な情報を集約し、翻訳方法の選定、表現統一に必要なスタイルガイドなどを準備し、翻訳者への指示をまとめます。
  3. 翻訳者が翻訳します。
  4. ネイティブスタッフがより洗練された自然な訳文にブラッシュアップします。
  5. 検査スタッフが原文と訳文を突き合わせてチェックし、訳モレがないか、原文の意味が正しく訳されているかなどを確認します。
  6. 編集スタッフが翻訳結果のデータの体裁を整えます。
  7. 全体の作業が適切に行われたか検査します。
  8. 翻訳結果をお客様に納品します。
  9. お客様が翻訳結果をチェックし、問題がなければ検収します。(問題があった場合は翻訳会社が修正します。)。

4~6のプロセスは、コストやスケジュールに合わせて省略することもあります。

ご紹介したフローはあくまでも標準的なものです。実際には、お客様のニーズや制約に合わせて柔軟に対応します。