コミュニケーションデザインサービス


連載コラム「わかりやすく書く【英語】」
 ~日本語に引きずられないように訳す~


今回のテーマは「日本語に引きずられないように訳す」です。
日本語マニュアルでよく見かける「~については」という表現。これはどのように訳せばいいでしょう?
また、「~を行う」の「行う」は、そのまま「perform」、「execute」、「conduct」などと訳せばいいのでしょうか?
トラちゃんと一緒に考えてみましょう。

ナンシーさん、教えてください!
「配送料については、荷物の大きさと配送距離で決まります。」
の英訳はこうでいいんですよね?

As for the delivery charge, it is determined based on the package size
and the delivery distance.

ん? はじめの部分が英語らしくないかな。間違いではないけどね。

「~については」の訳は「as for~」でいいんですよね?
日本語のとおりに訳せていると思うんですけど・・・

「~については」という、まず主題を述べる表現、よく見かけるわね。
でもよく考えてみて。
この場合、「配送料については、」は「配送料は」という主語として言い換えられるでしょ?

あ、そうですね!

だから、「配送料は荷物の大きさと配送距離で決まります。」って読み替えて訳せばいいのよ。

じゃあ、これでいいですか?

The delivery charge is determined based on the package size
and the delivery distance.

そう! よくできました!
日本語に引きずられて訳すと冗長になったり、英語らしくない表現になったり
するから気をつけてね。

ほかにも「なんだか英語らしくない・・・」って思う表現はありますか?

「~を行う」をperform(execute、conduct)+名詞、としないほうがいいわね。
たとえば「マウスの操作を行う」だったら「perform a mouse operation」とせずに、
「マウスを操作する」と読み替えて「operate the mouse」とするほうが自然かな。
ビジネス文書では、つい「~については」や「~を行う」といった表現を使ってしまうん
じゃないかしら。日本語の原稿を作るときから、冗長にならないように注意するといいわね。

確かに、日本語の原稿を書くときは、できるだけシンプルに表現するよう気をつけてました!
英訳と思うと、ついそのまま訳したくなってしまって・・・
まだまだ勉強が必要ですね!
ありがとうございます!

予告

次回は9月13日の掲載予定です。お楽しみに。

プロフィール


トラ
わかりやすい文章の書き方を勉強中。
日本語も英語も難しい・・・と思う今日この頃。

ミケ
マニュアル制作を担当して10年目。
文章を書くのはお手のもの。

モグ
トラちゃんたちの会話をこっそり
聞くのがひそかな楽しみ。
勘違いしやすい性格。

ナンシー
陽気でフレンドリィな翻訳の
スペシャリスト。

コテツ
トラちゃんの後輩。常に前のめりで思い込みが激しい。本人(猫)はいたってマジメ。