コミュニケーションデザインサービス


連載コラム「わかりやすく書く【英語】」
 ~性差別のある表現を使わない~


今回のテーマは「性差別のある表現を使わない」です。
性差別につながる表現は避け、できるだけ男女の区別がない言い方を使いましょう。
ついうっかり使いそうになる表現には、どのようなものがあるでしょうか?
トラちゃんと一緒に勉強しましょう。

「…、作業工数を削減できます。」だから、次の訳でいいのかな…?

..., you can reduce man-hours.

トラ、ちょっと待って。
「man-hours」という表現だけど、それで問題ない?

「作業工数」って言いたいんですけど、「man-hours」じゃいけないんですか?

「man-hours」は性差別表現だから、使わないほうがいいわね。

え、そうなんですか!? 差別だなんて、そんなつもりじゃなかったんです!

男性を示す「man」という語で「人」を表しているでしょ。
悪意がなくても、性差別表現になっちゃうのよ。男女の区別がない言い方に変えるほうがいいわ。 この場合は「person-hours」や「labor-hours」としてみたら?

なるほど。そこまで気が回っていませんでした。
ついうっかり使いそうになる性差別表現って、いろいろありそうですね・・・

いくつか例を挙げてみるわね。

mankind → humankind、humanity
key man → key person
businessman → businessperson
salesman → salesperson
policeman → police officer

・・・ほかにもたくさんありそうですね。
うっかり使わないよう、どうやって注意すればいいんでしょうか?

「man」がつく言葉を安易に使わないというのはもちろん、男性にも女性にも使える表現か、よく確認することが必要よ。

わかりました! 日本語で表記する場合も同じですね。気をつけます!
ありがとうございます、ナンシーさん!

予告

次回は8月2日の掲載予定です。お楽しみに。

プロフィール


トラ
わかりやすい文章の書き方を勉強中。
日本語も英語も難しい・・・と思う今日この頃。

ミケ
マニュアル制作を担当して10年目。
文章を書くのはお手のもの。

モグ
トラちゃんたちの会話をこっそり
聞くのがひそかな楽しみ。
勘違いしやすい性格。

ナンシー
陽気でフレンドリィな翻訳の
スペシャリスト。

コテツ
トラちゃんの後輩。常に前のめりで思い込みが激しい。本人(猫)はいたってマジメ。