コミュニケーションデザインサービス


連載コラム「わかりやすく書く」
 ~読みやすくするコツ(2)~


「読みやすくするコツ」の2回目は、「見出しの追加」です。
ミケさんのレクチャーを受けて、新製品「ねこボット」の取扱説明書は前より読みやすくなりましたが、まだまだ改善の余地があるようです。


情報の固まりごとに文章を区切ったら、だいぶ読みやすくなったよね。

ねこボットは炊事や洗濯はもちろん、犬の散歩から盆踊りまでこなす、猫型お手伝いロボットです。肉球型ショックアブソーバーでお茶の間での活動も問題なし。あなたの生活をより楽しく、より便利になるようにサポートします。

 

ねこボットを起動するには鼻のボタンを押します。次に後頭部に手を当てます。手を当てているときは、まばたきと起動音(ゴロゴロ)がすることを確認します。確認後、アゴをなでると起動します。

 

電源ランプは電源をオンにすると緑色、電源をオフにすると赤色、節電中は黄色になり、10秒間点滅した後で消灯します。(後略)

そうだね。

でも、このままだと、何が書いてあるのか全部読まないとわからないよね。
2つ目の改善では「見出しの追加」をして、何が書いてあるのか、一目でわかるようにしてみようか。

「見出し」って、文章のタイトルのことだよね。
でも、どうやって付けたらいいの?

前回、文章を区切ったときに、この文章に何が書かれているかを聞いたけど、覚えているかな?

えーと、ねこボットがどんなロボットなのか、どうやって起動するか、それから電源ランプの話・・・の3つだったかな。

うん、よく覚えていたね。
今の答えは、トラちゃんが取扱説明書の文章を一言で言い表したキーワードなんだ。
見出しを付けるときは、そんなキーワードを使うとわかりやすいと思うよ。

うーん。じゃあ、こんな感じかな?

■ねこボットはこんなロボット
■ねこボットの起動
■電源ランプの色と意味

うん。いいと思うよ。では、さっそく取扱説明書に見出しを付けてみようか。
イメージとしてはこんな感じかな。

見出しを付けたら、3つの情報が書かれていることが、よりハッキリしたよ。
それに、見出しを見るだけで、要点がパッとわかるようになったね。

■ねこボットはこんなロボット
ねこボットは炊事や洗濯はもちろん、犬の散歩から盆踊りまでこなす、猫型お手伝いロボットです。肉球型ショックアブソーバーでお茶の間での活動も問題なし。あなたの生活をより楽しく、より便利になるようにサポートします。

 

■ねこボットの起動
ねこボットを起動するには鼻のボタンを押します。次に後頭部に手を当てます。手を当てているときは、まばたきと起動音(ゴロゴロ)がすることを確認します。確認後、アゴをなでると起動します。

 

■電源ランプの色と意味
電源ランプは電源をオンにすると緑色、電源をオフにすると赤色、節電中は黄色になり、10秒間点滅した後で消灯します。(後略)

見出しは文章の要約だから、情報の探しやすさが肝心な取扱説明書には、必須の要素だね。
一般的な文書であっても、読む人のためになるべく付けた方がいいと思うよ。

うん、わかった。ありがとう、ミケさん!

さて、これで文章全体は整ったから、次は文章表現も見直してみようか。
3つ目の改善では、「箇条書きの使い方」について説明するよ。

箇条書き・・・?
もう十分、読みやすくなったと思うんだけど、何をどう改善するんだろう。


予告

次回は読みやすくするコツ(3)として、箇条書きの使い方についてお伝えします。[12月14日掲載予定]

プロフィール


トラ
わかりやすい文章の書き方を勉強中。
日本語も英語も難しい・・・と思う今日この頃。

ミケ
マニュアル制作を担当して10年目。
文章を書くのはお手のもの。

モグ
トラちゃんたちの会話をこっそり
聞くのがひそかな楽しみ。
勘違いしやすい性格。

ナンシー
陽気でフレンドリィな翻訳の
スペシャリスト。