コミュニケーションデザインサービス


連載コラム「わかりやすく書く」
 ~「で」と「より」の適切な使いかた~


格助詞「で」と「より」には、たくさんの意味があります。
注意して使用しないと、読者に本当の意味が伝わりません。

七夕パーティのご案内をもらったんだけど、なんだか読みにくい……。

7月7日 夜7時より なかよし公園 七夕パーティをします。

昨年よりも大きな笹を準備しました!
みんな 折紙 短冊を作りましょう。
笹に短冊を飾ったあとは、
公園より お食事処に移動して 七夕御膳歓談します。

中止の場合は、電話お知らせします。

「で」がくりかえし出てきてるね。

本当だ!
「で」がいっぱい……。

「で」にはいろんな意味があるから、あいまいな使いかたをすると、読者に正しい意味が伝わらなくなってしまうんだ。
誤解なく伝わる表現で言い換えると、わかりやすくなるよ。
たとえば、「~のため(原因)」、「~を使って(原材料)」、「~において(場所)」などで言い換えられるよ。

「より」もくりかえされているね。

よく気がついたね。「より」にも複数の意味があるよ。
比較を表す場合は「より」で良いけど、場所や時間の始点を表す場合は「から」と言い換えた方がわかりやすいね。

なるほど! そうしたら……

7月7日 夜7時から なかよし公園において 七夕パーティをします。

昨年よりも大きな笹を準備しました!
みんな 折紙を使って 短冊を作りましょう。
笹に短冊を飾ったあとは、
公園から お食事処に移動して 七夕御膳を食べながら歓談します。

のため中止の場合は、電話でお知らせします。

これでどうかな?

うん。これで誤解なく伝わる文章になったね。
言い換えられないものもあるけど、もっとほかにわかりやすい表現がないかな、って考えながら書くと良いよ。

日本語って奥が深い!
ありがとうミケさん。


予告

次回は、「文語調の表現を避ける」についてお伝えします。[7月20日掲載予定]

プロフィール


トラ
わかりやすい文章の書き方を勉強中。
日本語って難しい・・・と思う今日この頃。

ミケ
マニュアル制作を担当して10年目。
文章を書くのはお手のもの。

モグ
トラちゃんとミケさんの会話をこっそり
聞くのがひそかな楽しみ。
勘違いしやすい性格。