コミュニケーションデザインサービス


連載コラム「わかりやすく書く」
 ~条件を示す用語~


今回のテーマは「条件を示す用語」です。
条件を表す言葉「とき」と「場合」は、普段なにげなく使われています。
正しく使い分けるために、使いかたのルールを確認してみましょう。

「ねこまんまレンジマニュアル」のFAQがわかりにくいって、お問い合わせが来ちゃった。

■よくあるご質問

スタートボタンを押しても動かないとき、
ドアが開いている場合は閉めてからスタートボタンを押します。
ドアが閉まっているときはいちど開閉してからスタートボタンを押します。
それでも動かないときは、ヘルプデスクにお電話ください。

条件を表す「とき」と「場合」がごちゃ混ぜに使われているね。

「とき」と「場合」の使いかたにルールがあるの?

どちらも仮定の条件を意味するけど、条件が複数重なったときは、大きい条件に「場合」、小さい条件に「とき」を使うよ。

この「ご質問」でいうと、「動かないとき」が大きい条件、「ドアが開いている/閉まっている」が小さい条件だね。
このルールで書き直すと……

■よくあるご質問

スタートボタンを押しても動かない場合、
ドアが開いているときは閉めてからスタートボタンを押します。
ドアが閉まっているときはいちど開閉してからスタートボタンを押します。

それでも動かない場合は、ヘルプデスクにお電話ください。

そうだね。
条件がひとつだけのときは、「とき」を使うよ。

そういえば、「とき」と「時」って、ひらがなで書いてあるときと、漢字で書いてあるときがあるよね。

「時」は、「私が家を出た時、雨が降り始めた」などのように、具体的な日時を示すよ。

「雨のときは傘をさします」などのように、条件を表す場合は、ひらがなだよ。

何気なく使っている言葉にも、ちゃんとルールがあるんだね!

勉強になったよ。ありがとう、ミケさん!


予告

次回は、「で」と「より」の適切な使いかたについてお伝えします。[7月6日掲載予定]

プロフィール


トラ
わかりやすい文章の書き方を勉強中。
日本語って難しい・・・と思う今日この頃。

ミケ
マニュアル制作を担当して10年目。
文章を書くのはお手のもの。

モグ
トラちゃんとミケさんの会話をこっそり
聞くのがひそかな楽しみ。
勘違いしやすい性格。