コミュニケーションデザインサービス


連載コラム「わかりやすく書く」
 ~間違いやすい表記~


今回のテーマは「間違いやすい表記」です。
普段からよく使う言葉の中に、調べてみると間違った表記をしている場合があります。
正しい表記でわかりやすい文章を書くにはどうしたらよいか、見てみましょう。

新製品「ねこまんまレンジマニュアル」の原稿ができました!

だんだん執筆するのに慣れてきたみたいだね。
では、読んでみようか。

■「ねこまんまレンジ」の使い方

温め方は以下の2とうりです。

・ レンジ:ごはん又はミルクを温める
・ オーブン:お魚を焼く

ここでは「レンジ」の使い方を説明します。

(1)ごはんを置きます
  ・ 必ず1皿づつ温める
  ・ お皿には必ずラップをかけ、3個所に穴をあける

(2)[あたため]ボタンを押します

う~ん、かなづかいに誤りがあるね・・・

×
2とうり2とおり
1皿づつ1皿ずつ


それと、漢字の使い方を見直したほうがいいよ。
一般的には「常用漢字表」の音読み・訓読みの範囲内であることが原則だけど、漢字が多いと読みにくくなるので、あえてひらがなで書くこともあるんだ。

×理由
又はまたは接続詞はひらがなで書く
とき形式名詞はひらがなで書く
こと

下に文章を書き直してみるね。

■「ねこまんまレンジ」の使い方

温め方は以下の2とおりです。

・ レンジ:ごはんまたはミルクを温めるとき
・ オーブン:お魚を焼くとき

ここでは「レンジ」の使い方を説明します。

(1)ごはんを置きます
  ・ 必ず1皿ずつ温めること
  ・ お皿には必ずラップをかけ、3箇所に穴をあけること

(2)[あたため]ボタンを押します

書き方に細かなルールがあるんだね。
でも、こんなにたくさん覚えられないよ・・・

このようなルールはマニュアルの執筆前に「執筆規約」としてまとめておくといいね。
ルールを整理できるし、ほかの人と書き方を合わせるときに便利だよ。

正しいかなづかいをするのはもちろん大切だし、すべてを漢字で書くと読みにくくなることがあるんだね。
とっても参考になったよ!
ありがとうミケさん。


予告

次回は、「条件を示す用語」についてお伝えします。[6月22日掲載予定]

プロフィール


トラ
わかりやすい文章の書き方を勉強中。
日本語って難しい・・・と思う今日この頃。

ミケ
マニュアル制作を担当して10年目。
文章を書くのはお手のもの。

モグ
トラちゃんとミケさんの会話をこっそり
聞くのがひそかな楽しみ。
勘違いしやすい性格。