コミュニケーションデザインサービス


連載コラム「わかりやすく書く」
 ~範囲・基準点~


今回のテーマは「範囲・基準点」です。
範囲や基準点を示す表現には、いろいろな種類があります。
基準点を含むか含まないかなど、意味を理解して使い分ける必要があります。
どんなポイントがあるか、見てみましょう。

ミケさん!
今度の休みに遊園地に行かない?

いいね!
ジェットコースターに乗りたいね。
身長制限ってあるのかな?

遊園地のパンフレットがあるから、調べてみるね。

「身長120センチ未満は乗れません。」って書いてある…。
ってことは、ボクはちょうど120センチだから乗れないんだ…。

大丈夫だよ。
「120センチ以下」って書いてあったら乗れないけど、
「120センチ未満」だったら乗れるんだよ。

えっ!そうなの?
似たような表現なのに、意味が違うんだね。

範囲や基準点を示す表現は、用語によって意味が違うから注意が必要だよ。
その他の範囲や基準点を示す用語の使い分けについては、
こんなふうになっているよ。

用語 使い分けのポイント
以上、以下 基準点を含む。 120センチ以下は乗れない。
(120センチの人は乗れない。)
超える、未満 基準点を含まない。 120センチ未満は乗れない
(120センチの人は乗れる)
以前、以後、以降 基準点を含む。 午後5時以降は使えない。
(午後5時は使えない。)
前、後 基準点を含まない。 締切日の前3日までに連絡する。
(締切日は含まない。)
以内 基準点を含む。 10日以内に返却する。
(10日目も含む。)

まとめてくれてありがとう!
とっても参考になったよ。
ありがとう、ミケさん。


予告

次回は、「語句の併記」についてお伝えします。[5月25日掲載予定]

プロフィール


トラ
わかりやすい文章の書き方を勉強中。
日本語って難しい・・・と思う今日この頃。

ミケ
マニュアル制作を担当して10年目。
文章を書くのはお手のもの。

モグ
トラちゃんとミケさんの会話をこっそり
聞くのがひそかな楽しみ。
勘違いしやすい性格。