コミュニケーションデザインサービス


連載コラム「わかりやすく書く」
 ~主語と述語の関係~


今回のテーマは「主語と述語の関係」です。
長めの文章を書いていると、主語と述語の対応がとれなくなることがあります。
どんなポイントがあるか、見てみましょう。

ミケさん!
こどもの日に柏餅を作ろうと思って、作り方を調べたんだ。

お花見が終わったら、もうすぐこどもの日だもんね。

お餅を作るところでコツがあるみたいだったから、
作り方にも書いたんだよ。

◆柏餅の作り方◆

1. 上新粉をボウルに入れます。
2. お湯を沸かします。
3. お湯をボウルに入れ、菜箸などでかき混ぜます。
   ここでのポイントは、沸騰しているお湯を一度にボウルに入れ、
   手早くかき混ぜます。


大事なポイントが書いてあって、レシピとしてはよくできているけど、
文章としては、もうちょっと書き方を考えたほうがいいところがあるね。

作り方を書くことで手一杯で、文章の確認が足りなかったのかもしれない…。

「ここでのポイントは、」の文章をよく見てごらん。
主語が「ポイントは」で、述語が「かき混ぜます」になっていて、
主語と述語の対応が合っていないんだよ。
「ポイントは」を主語にするんだったら、「~ことです」のように、
適切な述語で受けるように変更する必要があるんだ。

そうか!主語と述語が合っていなかったんだね。

こんなふうにするといいよ。


ここでのポイントは、沸騰しているお湯を一度にボウルに入れる
ことと、手早くかき混ぜることです。


なるほど、文章が正しくなって、ポイントもわかりやすくなったね!
とっても参考になったよ。
ありがとう、ミケさん。


予告

次回は、「範囲・基準点」についてお伝えします。[5月11日掲載予定]

プロフィール


トラ
わかりやすい文章の書き方を勉強中。
日本語って難しい・・・と思う今日この頃。

ミケ
マニュアル制作を担当して10年目。
文章を書くのはお手のもの。

モグ
トラちゃんとミケさんの会話をこっそり
聞くのがひそかな楽しみ。
勘違いしやすい性格。