コミュニケーションデザインサービス


~29回目を迎えるテクニカルコミュニケーション(以下TC)シンポジウムに当社社員が登壇!!~


みなさん、こんにちは。
富士通ラーニングメディア コミュニケーションデザイン事業部の豊島です。
普段は、拡販資材やマニュアルの制作、さらにはドキュメント制作システムの運用・お客様対応を担当しています。
また、毎年開催されるテクニカルコミュニケーション(以下TC)シンポジウムの実行委員会でも活動しています。
今回は、このTCシンポジウムの開催と当社社員の登壇についてご紹介します。

TCシンポジウムって何?

一般財団法人テクニカルコミュニケーター協会(以下TC協会)が企画・運営するシンポジウムです。富士通ラーニングメディアは1992年からTC協会に加盟して、シンポジウムの運営に携わっています。
毎年、全国規模のシンポジウムを企画して、東京(2日間)と京都(3日間)の2会場で開催します。今年で29回目を迎えます。
また他の関連団体とも連携し、共同研究の成果を公開するとともに、学習、交流の機会として、参加者の規模は毎年千数百名におよびます。ボランティアベース(実行委員会方式)で運営され、日本におけるTCのトレンドセッターとして、海外のTC関連団体からも注目されています。

TCシンポジウムではどんなテーマが取り上げられているの?

TCシンポジウムはTC技術の向上を目的に開催されます。「TC技術」とは、製品やサービスのユーザーが求める情報を的確に提供するためにテクニカルコミュニケーターに必要な多面的な技術を指します。毎年、主要テーマを掲げ、TC技術に関連するテーマで複数のセッションを期間内に展開しています。
今年のTCシンポジウムでは『TCのチカラで高める、日本のプレゼンス!』をテーマに掲げています。IoTやAIが引き起こす第4次産業革命や政府主導による「働き方改革」の実現に向けた取り組みは避けて通れない状況です。このような変化をチャンスと捉え、TC技術の活用領域を拡げて、わたしたちが提供する価値をさらに高めるのが狙いです。

いつ・どこで開催されるの?

今年は以下の要領で開催されます。

【東京開催】
 ①日時
  2017年8月23日(水) 10:15~17:00
  2017年8月24日(木) 10:15~17:00
  2017年8月25日(金) 10:15~17:00(※)

  ※創設25周年を記念する特別イベント。
   企業が発信する情報の品質と信頼性を高めるために、最新のAI技術やICTの積極的な活用に関する
   知見修得の参考になれば幸いです。この特別イベントは、無料(事前申込制)です(参加申込書はコチラ)。
 ②会場
  東京学芸大学 小金井キャンパス(東京都小金井市)

【京都開催】
 ①日時 
  2017年10月4日(水)・5日(木) 10:00~17:00
  2017年10月6日(金)         10:00~16:30
 ②会場
  京都リサーチパーク

 詳しくは、TCシンポジウムのホームページからお問合せください。


富士通ラーニングメディアはどんなセッションに関わっているの?

これまで、当社は人材育成のセッションはもとより、制作・翻訳、制作ツール、技術・業界動向といった多岐にわたるセッションの企画に関わってきました。今年も、これらのセッションに登壇し、取り上げるテーマについて参加者と一緒になって深く議論します。

今年は、以下のセッションを当社社員が中心となって企画し、一部登壇しています。セッションの詳細はTCシンポジウムのホームページからご確認ください!!

【東京開催】
 ・08月24日午前
  【特別セッション09】 マニュアル制作へのMicrosoft Word活用
 ・08月24日午後
  【パネル09】 制作ディレクター&制作営業 プレゼンス向上講座
  【特別セッション11】 スキルパスを自ら描けるようになろう! 
 ・08月25日午前
  【特別イベントメインセッション】 AI 技術 ?今、私たちが知っておくべきこと、考えるべきこと?

【京都開催】
 ・10月05日午後
  【特別セッション11】 スキルパスを自ら描けるようになろう!
 ・10月06日午前
  【パネル08】 人工知能(AI)をTC制作に活かす!

このブログでは、当事業部での活動などをご紹介していきます。
次回をお楽しみに!

その他のサービス

  • eラーニングサービス総合サイト
  • SaaS型学習管理システム(LMS) KnowledgeC@fe
  • eラーニング制作
  • 研修サービス
  • コンサルティング